どうして、スタッフは分からないのか

週明け月曜日、始発の新幹線
車窓からの新緑が目に鮮やかです。

どうして、スタッフは分からないのか

クライアント先の院長先生
「クリニックでの基本的なことについて、勉強して欲しいと資料や本を買って渡していますが、全く読んでいないようです。レセプトも返戻のたびに、あとから気づいたりして手間がかかっているのに、どうしてなんでしょうか」と

経営側がいくらお願いしても、「忙しいので」とか「それは無理です」とか
仕事としてやるべきことであるにも関わらず
そう思っている院長先生もいらっしゃる

このようなことは、多くのクリニックであること

院長先生にとっては、やるべきこと
しかし、スタッフにとってはやるべきこととは認識していないケースもあります。

もちろん、プロとして最低限の技術や知識は必要ですが
何が違うのか、大きくは2つだと考えます。
1.意識の乖離
2.用意周到なのか事後承認なのか

業務ひとつに対しても、経営側と雇用側の捉え方や認識度の違いがあります。

その乖離を解決する最初の手段は
「なぜ、そうするのか」「なんのためなのか」とまずは、目的を共有することです。

今回も、ただ「勉強してみて」と本を渡すだけでは
その意図は達成されません。

"本を渡されたら、読んで勉強して、仕事に活かしてくれるはず"と思っていても、それは、思いであって、実践はされないのです。

そんなことまで、言われなくてもということこそ、丁寧に真意を伝えることで、スタッフも協働します。

"分かっているだろう" "分かるだろう"

いえいえ、分からないのがスタッフなのです。
ヒントになれば幸いです!