発展し続けるクリニックには何がある

おはようございます。 いつもご覧いただきありがとうございます。
今日は母の日ですね。 母と主人の母にプレゼントを手渡しできることに感謝
そして、イギリスに家族で住む長男夫婦、一緒に住んでいる次男から「産んでくれてありがとう」のメッセージ

幸せの基準値は人それぞれですが、自分の存在があるのは両親がいてくれたおかげ
母の日は幸福感を感じる一日ですね。

発展し続けるクリニックには何がある

お父様の代から事業継承直後にご縁をいただいたのが2009年
1回目のコンサルティングは3年間毎月伺い、その後3年自走
スタッフ数が倍に増えて、1年間毎月訪問し2年間自走
そして、今月より3回目のコンサルティングスタート

発展し続けるクリニック要素が具現化されている
1.マンパワーの安定感とゆとりある人員配置
①各部署のリーダーが変わらない(看護部外来、病棟、事務部、リハビリ部)
②受付事務が同じメンバー(離職なし)
③リハビリ部も1名の増員で同じメンバー
④看護部は人員増でクリニックですが、外来常勤3名パート2名、病棟常勤13名でマネージメント

2.継続力の高さ
前回までのコンサルティングでお伝えしてきたことを
毎月、フィードバックしながら取り組んでいることを可視化した書類と共に各部署長より教えていただく
受付、リハビリではクレームは「0」

3.より帰属意識が高まりチーム一丸となっている

手術数はもちろん右肩上がり
人気のある評判の高いクリニックの現況が明確である。

組織の変化に併せ、コンサルティング導入と自走を繰り返し実施されている
このスピードの速い時代に10年前と同じことをやっていては発展はない。

皆さんの組織では変化に併せて、何に取り組んでいらっしゃいますか。

組織力=人財×継続×意識 である。

◆◇◆◇◆◇◆◇

理念に基づいた風土を構築。目指す医業の達成を
あらゆる方向からサポートします。

クレームを軽減し帰属意識を高める!医療接遇コンサルティング